• ホーム
  • シミが生まれる原因とターンオーバーの仕組み

シミが生まれる原因とターンオーバーの仕組み

2019年11月08日

色白の肌にとって気がかりなのが、シミです。
シミは若い人だと20代から出来ますし、肌が白くきれいな人ほど出やすいので、適切なケアが必要になるでしょう。
そもそもシミが生まれる原因とは、その部分だけメラニン色素が溜まる事です。
肌にメラニン色素が溜まることによるものですが、若いうちはそのメラニン色素も肌のターンオーバーによって排出され、まず後に残ることはありません。
ですが、このメラニン色素を追い出すターンオーバーのサイクルが乱れ、加齢や日常生活の乱れによって追い出す力を失ってしまい、その結果肌に残ってしまい、シミとなって残ります。

メラニン色素は基本的に新陳代謝に伴って排出されるので、特に代謝の若いうちは問題が無くきれいな肌をキープできます。
ですが年齢が高くなるにつれてそういった新陳代謝も遅くなってしまいますしペースも乱れてしまうため、年齢が高くなるにつれて徐々に肌にメラニン色素が溜まり、シミに負けてしまいます。
特に20代のうちは薄かったはずのシミが、徐々に濃くなってきたり厚くなってきて、対処が難しくなる場合もあります。
このため、出来るだけ早く対処した方がいいでしょう。

治し方はいろいろありますが、もし専門的な処置などを受けたくないのなら、紫外線カットと体調を整えてターンオーバーを維持すること、美白ケアが出来るスキンケアを使うことなどがポイントです。
特に肌の調子を整えたい人の場合はしっかりターンオーバーのサイクルを維持しておきましょう。
肌の生まれ変わりのために本来持つ力を活用することで、薄くなる可能性は少なくありません。

ですが、この場合は薄くなるだけだったり、少なくともすぐに効果が出るわけではないのです。
すぐに効果を出したいというのなら、やはり専門的な処置を受けるのも方法でしょう。

その方法のひとつが美容皮膚科に相談する事です。
美容皮膚科にはシミ取りレーザーといわれるような美肌用のレーザーがいくつかありますので、相談して良いものを探しましょう。
特に多くの美容皮膚科ではシミ取り効果のあるレーザーがいくつかありますので、相談すると良いシミ取りのレーザーを教えてくれます。
ただし、費用はそれなりにかかりますし、保険適用されないことが多いので数万円くらいは考えた方がいいでしょう。
痛みが気になる場合は部分麻酔を使うなどの対策を取っていることが多いので、それも併せて相談してみるといいでしょう。

気をつけたいのは、押すと痛い場合や膨らんできた場合です。この場合は皮膚がんの可能性もありますので、一般皮膚科で相談しましょう。

治療法はその他にもいろいろな治療法があります。
中には後遺症が出かねない方法や、費用が真有かからない代わりに時間がかかるものなどもあるので、きちんとしたカウンセリングを受けましょう。
また、痛い時や治し方について疑問がある、後遺症が出てしまった場合は良く病院と相談してください。

関連記事
アラサー・アラフォーでもできる美人になる方法

ある程度年齢を重ねたアラサー・アラフォーの女性は、もう美人になることが難しいのではないか、と思っている人もいるのではないでしょうか。年々痩せにくくなってきていますし、体調が悪くなったり肌の調子が20代に負けてしまうのは間違いありません。ですが、年齢を重ねたことによる色気や大人びた感じは若い世代には簡...

2019年12月06日
白い肌を目指すならハイドロキノンとトレチノイン!

白い肌はやはり魅力的な物でしょう。特に日本人女性は近年、徐々に肌が白くなってきていると言われています。この美白のためのケアや方法には、スキンケアにハイドロキノンやトレチノインを使う女性が増えてきたから、というのも一つの要因とされているのです。ハイドロキノンやトレチノインとは、どちらも美肌、特に美白に...

2019年10月11日
化粧水って何をどう選ぶのがおすすめ?

美人の条件の一つが、きれいな肌でしょう。少なくとも肌が汚くてとか、クレーターだらけ、ニキビだらけの肌が美人という人はまず見た事がありません。このため、美容のためのケアに毎日のスキンケアは大事なことなのですが、いくつかの手順があります。肌に適切な水分を与えて保湿したり、その後のケアを適切に行うための土...

2019年10月08日
ニベアでまつげが伸びるとSNSで話題に!

最近、ネット上で話題のことのひとつに、にベアを使うことでまつげが伸びるという噂があります。ニベアとは、保湿のために使われるクリームで、白く硬めのクリームです。ハンドクリームなどに使われることが多いのですが、過去に美肌になるためのクリームとして顔に使うという方法も使われていました。ニベアはどういうアイ...

2019年10月05日
まつげの手入れでやってはいけないこと!

まつげを長く伸ばして魅力的な目元にしたい、という気持ちは分かります。とはいえ、伸ばすうえではやってはいけないこともいくつかあります。まず、最も大きなNGなのが自分で引っ張ることです。実は過去にはまつげを伸ばすためにはそのまつげそのものを引っ張って伸ばす、という方法が取られていたこともありました。とこ...

2019年10月03日